BLOGブログ

不動産売却

不動産売却における仲介と買取の違い




こんにちは。

本日は不動産売却をする時に知っておきたいこととして、
不動産業者による「仲介」と「買取」の違いについてご説明したいと思います。

皆様の不動産売却にお役立ていただければ幸いに思います。

目次

仲介(媒介)による不動産売却

不動産会社と媒介契約を結び、
その不動産会社を通じて購入者を探してもらうやり方が、
「仲介売却」になります。

インターネットや広告チラシなどで一般公開し、広く募集をかけることも出来ます。

仲介による売却は、一戸建て売却など普通個人の方が関わるところでは最も一般的な売却方法になります。

仲介売却のメリット

仲介売却のメリットは、
その不動産を欲しい人に直接アプローチするため、必然的に売却価格が高くなります。
いわゆるエンド価格です。

通常、仲介する不動産会社が価格査定をおこない、売主様にご提示します。
そして、それを参考に売主様と不動産会社で売出価格を決定し、販売開始をおこないます。

仲介売却のデメリット

一方、仲介売却のデメリットは、
購入希望者を探して売却するため、売却完了まで時間がかかることです。

購入希望者が現れても、
ローン審査が通らなかったり、
条件面が折り合わなかったりと、
思いのほか売却活動が長期化してしまう恐れもあります。

そのほか、後述する「買取」と違う点としては、
不動産会社に支払う仲介手数料が発生します。

買取による不動産売却

一般の不動産流通市場に出すことなく、
あるいは募集をしたけれども購入者が現れないような場合に、
不動産会社自らに買取ってもらうやり方が、
「不動産買取」になります。

後述のメリットを求める人以外では、
一般の方が買わないような大きな土地などを売却する際に、業者による不動産買取がよく見受けられます。

仲介売却とは違い、不動産会社との媒介契約は必要なく、直接の売買契約となります。

不動産買取のメリット

不動産買取の一番のメリットは、
スピーディーに売却を完了し確実に現金化できることです。

また、仲介による売却と違い、広告活動を行なわないため、
完了までご近所やご知人に売却を知られることもありません。

そのほかには、
不動産会社が買主となるため、
瑕疵担保責任を負わなくてすむ場合が多くあります。

そして、仲介手数料は発生しません。

不動産買取のデメリット

不動産会社が買取をする場合、
事情は様々ですが、ほとんどのケースで、
売却金額は仲介による売却よりも低くなります。

仲介で売却する場合に比べて、
1割以上価格が低くなることがほとんどだと思います。

まとめ

以上、不動産売却における「仲介」と「買取」の違いについて説明させていただきました。

特に売却を急いでいるわけでもなく、
特殊な物件でもない場合には、
不動産会社に仲介してもらうのが良いでしょう。

逆に、「売却を急いでいる」「友人に絶対に知られたくない」というような何らかのご事情がある場合には、
不動産会社に買取してもらう選択肢もご検討ください。

このように、
売却する人それぞれに合った方法で、
後悔することなく不動産売却を実現してください。

ちなみに弊社でも、「仲介」「買取」の両方に対応しております。
(よほどの事情が無い限りは、仲介による売却をご提案しておりますが。)

坂戸市・鶴ヶ島市を中心に、
埼玉県の不動産売却はぜひお任せください。

~LINEでご質問・お問い合わせ受付中です~



【関連記事】不動産媒介契約3種類~皆が知りたい本当の特徴~

【関連記事】不動産が売れない時のチェックポイント

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 不動産売却における仲介と買取の違い

〒350-0215
埼玉県坂戸市関間4丁目1番18号
© 2019 合同会社NJパートナーズ