BLOGブログ

住宅ローン

連帯債務と連帯保証の違い





本日は、住宅ローンにおける連帯保証と連帯債務の違いに触れたいと思います。

住宅ローンを借りる際に、収入合算をすることはよくあります。

その多くが夫婦で収入合算を行なうケースとなりますが、

金融機関・商品によって、互いが「連帯債務者」となる場合と「連帯保証人」となる場合があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

目次

連帯債務とは

これは、読んで字のごとしで、連帯して債務を負うことを言います。

例えば3,000万円の住宅ローンを夫婦が連帯債務で借りる場合、夫婦それぞれがこの同じ1つの3,000万円の債務に対して責任を負う。

こうなります。

つまり、主債務者をご主人・連帯債務者を奥さまとした場合、奥さまについても、金融機関からの返済請求をいつでも受ける立場にあることになります。

メリットとしては、
・購入する不動産の持分を自由に設定出来ること(返済分担に合わせる)
・それに応じた住宅ローン控除をそれぞれが受けられること
・ローンが1本なので諸費用が安いこと
などです。

逆にデメリットとしては、
・扱っている金融機関が少ないこと
・返済予定のパートナーが滞納するとただちに連帯責任となること
・返済の分担が夫婦間の信頼に基づいており、極端に言えば離婚する時などに大変になること
などです。

連帯債務を取り扱う商品としては、フラット35が代表的です。

以前は取り扱う金融機関が少なかったですが、最近は取り扱いも増え始めていて、連帯債務者の団信加入も含めた商品も出ています。

連帯保証とは

こちらは、例えばご主人が債務者で奥様が連帯保証人となった場合には、ご主人の返済が滞ってはじめて、奥様は返済を請求される立場となります。

この連帯保証について、上記連帯債務との違いをみる為に、夫婦ペアローンの場合の比較をしてみたいと思います。

例として、上記と同様3,000万円の住宅ローンを夫婦で組みたい場合に、

2,000万円をご主人で1本、1,000万円を奥さんで1本、合計2本のローンを相互連帯保証というかたちで借入れします。

これを一般的にペアローンと言います。

メリットとしては、
・債務が明確に分かれていて、返済もそれぞれ自分の口座で出来ること
・連帯債務と同様住宅ローン控除も2人も受けられること
団体信用生命保険のラインナップも通常通り豊富なこと
などです。

デメリットとすれば、
・ローンが2本になるので、ローン諸費用・登記費用が余計に掛かること
になります。

以上が連帯保証の特徴です。

特徴を理解したうえで借入しましょう

このように連帯債務と連帯保証の違いを比較しましたが、
通常連帯保証人となる方が住宅ローン控除を使わない場合や、不動産の所有権利者として持分を入れない場合は、
単純に連帯保証を使うケースがほとんどです。

ただし、フラット35などは連帯債務しか取り扱っていないなど、金融機関や商品によって選択が決まる場合もあります。

いずれにせよ一生に一度の大きな借入ですので、それぞれの特徴を理解して、ローン借入に臨んでいただきたいと思います。

~LINEでご質問・お問い合わせ受付中です~



【関連記事】団体信用生命保険(団信)とは

【関連記事】マイホーム購入で特に注意が必要な税制5項目

【関連記事】マイホームは頭金が無くても買えます

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 連帯債務と連帯保証の違い

〒350-0215
埼玉県坂戸市関間4丁目1番18号
© 2019 合同会社NJパートナーズ